歌う前の心構え

ボイストレーニングをするなら歌を歌う前の心構えを知っておくのも大切です。心構えを知っているのといないのとでは、発声のしやすいさが全然違ってくることもあるので注意しましょう。

まず、基本的なことですが、睡眠は十分に取っておいた方がよいです。

人それぞれベストな睡眠時間は違いますが、長すぎず短すぎずの睡眠時間を心がけましょう。

さらに、声を出すための声帯という部分は、朝起きてすぐよりも3時間以上でノーマル、5時間以上でベストといったように、睡眠から目覚めて少しずつ調子を取り戻していく特性を持っています。

朝起きてすぐに声が出にくいのはこのためで、まだまだ声帯が目覚めていない状態なのです。

食事についてボイストレーニングを行うなら注意しておきたい部分で、ボイトレの前に食事は控えるようにしましょう。

お腹が満腹状態になってしまうと、横隔膜の動作の関係で声のコントロールがしにくくなってしまいます。

十分な発声スキルを持っていない人はなおさらなので、ボイストレーニング前は意識して食事を食べないようにしましょう。

目安としては、食後2時間以上間隔を空けるようにし、どうしても無理な場合は、満腹にしすぎないように心がけます。

最後は精神状態で、精神状態も声に左右する部分で、落ち込んだ時に覇気のない声を出すことを考えれば理解しやすいのではないでしょうか。

ボイストレーニングをするなら事前にこのような心構えについて踏まえておくとよいです。