適度な環境作り

声は発声する環境によって左右されることをご存知でしょうか。発声する上で特に重要となってくるのが湿度と温度で、特に声と湿度は密接に関わっているといえます。

喉は乾燥に弱いので、日常のちょっとした工夫で喉を湿らせてあげる癖をつけるようにしましょう。

例えば、うがいを定期的に行うのもひとつの方法で、喉を湿らせる効果もありますし、風邪予防などにも繋がります。

また、近年ではエアコンが当たり前のように設置されていて、エアコンのような空調設備は空気を乾燥させる可能性が高いです。特に仕事で1日中オフィスにこもりっきりという人は注意が必要で、オフィス内は予想以上に乾燥しています。

身近に温度計があれば逐一湿度を確認することもできるので、ポータブルタイプの温度計を所持して、自分の周りの湿度や温度を気にかけてみてはいかがでしょう。

喉を冷やしすぎるのも厳禁なので、睡眠の前にタオルなどで首を保温して、必要以上に喉周囲の温度を下げないようにする対策法もあります。特に冬は湿度が下がる傾向にあるので、必要に応じて加湿器を用意するなども措置も必要でしょう。

また、喉を加湿するスチーム吸引機のようなアイテムも存在するので、それらを利用するのもよいです。

プロの歌手などは、人前で喉のケアを行う姿を見せたりはしませんが、実は裏ではかなり入念に喉のケアをしていて、喉の乾燥を防ぐケアについては特に重点的に行うようにしています。

このようなプロの意識を参考にするのもよいでしょう。